0532-31-2061
営業時間 8:30〜12:00 / 13:00~17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ISO9001 品質方針

plastic polymer granules
樹研工業の品質に関する基本理念

品質は品質のみにあらず、お客様のものづくりのサポートであり、また日本の産業を支える重要な要素であるという観点から、部品供給者としての私達の責任は大きいと考えます。

メーカー様から消費者に至るまで、安心して使っていただける製品実現のため、樹研工業は品質へのこだわりを持ち続けます。ものづくりの上流である部品の品質こそが、日本ブランドを支えるという自覚をもとに、日々品質の向上に努めてまいります。

品質管理の基本方針

株式会社 樹研工業は1965年の創業以来培ってきたプラスチック精密射出成形による生産技術を更に発揮させ、より高い付加価値の製品を製作、日本のモノづくりに貢献します。

上記理念の実現に向けて次の方針を展開する。

  1. 顧客の期待及び関連する要求事項を上回るよう、業務と製品の質を継続的に改善します。

  2. 組織の方向性を全体に伝え、方針に向かっていくための具体的な目標を設定し、マネジメントレビューにおいて評価します。

 

QMSへの取り組み

・日本品質管理学会 QMS有効活用および審査研究部会に参画。

・LMJ主宰QMS審査員フォーラムに参画。

・QMS推進責任者がIRCA登録ISO9001審査員補登録を完了(現在は登録返上)

ISO9001自己適合宣言について

自己適合宣言の国際規格はISO/IEC17050:2004 (JIS Q 17050:2005)として制定されました。ISO14001:2004 環境マネジメントシステム規格の「1. 適用範囲 c」項では下記のように定められ,ISO9001もこれに準拠しています。

1. 自己決定し、自己宣言する。
2. 適合について、組織に対して利害関係を持つ人、又はグループ、例えば顧客などによる確認を求める。
3. 自己宣言について組織の外部の人又はグループによる確認を求める。
4. 外部機関による環境マネジメントシステムの認証/登録を求める。

ISO適合の評価方法は上記4項目のどれを選択しても良いとISO規格の中で定めています。このうちの3)が自己適合宣言に該当します。

株式会社樹研工業では、NPO法人SDC検証審査協会の実施する検証審査を毎年受けています。

自己適合宣言所 自己適合証明書 

品質マネージメント活動実績

2008年4月 ISO9001 :2008 適合 (NPO法人SDC検証審査協会検証審査)
2009年5月

ISO9001 :2008 適合 (NPO法人SDC検証審査協会検証審査)

活動の様子

審査風景 本社研修
2014年度審査 本社研修
宮城事業所研修 試作課巡察
2012年 宮城事業所研修 2013年 現場巡察

 

 

タグ :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください。

電話0532-31-2061

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ