0532-31-2061
営業時間 8:30〜12:00 / 13:00~17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

欧州医療機器事情視察会 参加報告1

 

前回のスイスに引き続き、メディカル・デバイス産業振興協議会主催による【ドイツ】「欧州医療機器事情視察会」に参加して参りました。今回はデュッセルドルフにて開催された見本市、COMPAMED及びMEDICAの視察を中心に当地を訪れました。

見本市開催期間のデュッセルドルフで、宿泊を確保することがいかに困難か、経験のある方は多いと思います。日本のビジネスホテル並みの小部屋が、一泊3万円なんてのはザラなので大変です。今回のメインの宿泊地は、私の大好きな街の一つでもあるケルンでした。余談ですが、今回初めて787に搭乗しました。機内の快適さやエンジンの静かさには驚きました。中でもスムースな地上走行は、ローカル線と新幹線の違いくらい顕著でした。

エンジンはロールスロイスエンジンはロールスロイス
ライン川対岸より大聖堂を臨むライン川対岸より大聖堂を臨む

11月16日 COMPAMED及びMEDICAを視察

このデュッセルドルフの会場は、前回はプラスチック関連の世界最大の展示会K-Messeの出展で訪れました。しかし、海外での医療関連の展示会は初めてです。日本からも多くのメーカーが出展しています。今回の視察では、医療機器そのものよりも、部材関連に興味があったので、前半は全てCOMPAMEDを中心に動きました。

メッセ会場入り口会場入り口
67FD07AF-DB0C-4484-B8DD-8D2D056447F0会場の様子
7521847E-82B7-4101-B04E-4D78FCD79812Japanブースもありました。
FEF2B2D3-AD6D-439D-8AC2-13697F00F8B3自動車用メーターの特許を保有しているソンセボー社(Swiss)、医療業界に進出していました。
昼食は大混雑昼食は大混雑
4B08685C-7856-45EC-8514-21F08FFB6BF1COMPAMEDは、医療関連部品の製造技術が中心のため、落ち着いた雰囲気でした。

午後は少し時間を割き、MEDICA側の展示の視察に行きました。とにかく会場が広いので迷子にならないようにする必要があります。またMEDICAは医療機器全般を展示しているため、デモなども多く来場者の人口密度が高いです。医療機器といっても、様々な分野の物が展示されており、その裾野の広さを感じました。

11号館の外観11号館の外観
3DA2302D-A4A0-4EEA-8E6E-A419C470FACBCOMPAMEDと比べると、明らかに多い入場者
IMG_2081日本の企業も頑張っていました。
IMG_2085会場では、知り合いと遭遇することも。
CF9729D5-B73A-49A8-9167-941F7BEE55ECノルトライン=ヴェストファーレン州ブース
8D6026ED-6FA8-4602-A304-8E47FADDFC60手術の画像が当たり前に掲示されてました。
IMG_2089デモは生身の人間。工業とは違いますね
IMG_2036会場入り口にて

MEDICAでは医療機器そのものを展示しており、我々のような部品会社ではなく医療機関に直接従事されている方または医師が、その対象となります。そのため、完成度の高い医療機器やディスポ(使い捨て)などの医療機器がところ狭しと並んでいます。健康器具や救急車などもありました。デモは実際に人体で行われており、工業系の展示会とは一味違った雰囲気でした。

見本市の先進国であるドイツでは、会場の規模も異なれば、その運営も日本とは異なります。見本市の入場には高価な入場料がかかりますが、その一方で市内の公共交通機関のほとんどに無料で乗ることができる特典付きとなっています。これは便利ですね。

続く

NM

投稿日:
タグ :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください。

電話0532-31-2061

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ