0532-31-2061
営業時間 8:30〜12:00 / 13:00~17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

RIT事業(地域間交流支援事業)参加報告1

本年10月に、JETROが推進するRIT事業(地域間交流支援事業)に参加してきましたので、簡単に報告させていただきます。
https://www.jetro.go.jp/jetro/activities/support/rit.html

概要
期 間:2015年10月11日(日)~ 17日(土)(7日間)
訪問先:スイス(ジュネーブ、ローザンヌ、ヌーシャテル他)
参加者:
  三重大学社会連携研究センター
  参画企業 6社
  スイス大使館 スイス外国企業誘致局
  経済産業省中部経済産業局国際課
  独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)
  グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ協議会

10月12日 EPFL (スイス連邦工科大学ローザンヌ校) 訪問
https://www.epfl.ch

ロレックスラーニングセンターで有名な大学ですが、見た目だけではなく、その研究内容やイノベーションは素晴らしい成果を出している世界有数の学府です。建物自体のレポートは下記のURLにあるので、ご興味のある方は是非サイトを訪れてみてください。(日本語です。)

http://www.bloomberg.com/ss/10/03/0301_most_anticipated_architecture/10.htm

ここで最も印象に残ったのは、今回訪れた研究室がデルタ・ロボット(パラレルリンク・ロボット)の発祥の地だったということです。特許が切れたようなので、最近では多くのメーカーさんから発売されています。

EPFLEPFLにて
Delta Robot
EPFLデルタロボット動画

後半はDel West社を訪問。ここは米国カリフォルニア州に本拠地を置く、モータースポーツ向けカスタムパーツの会社です。なぜスイスかというと、その加工技術を利用して、高級時計向けのパーツの製作も行っています。

10月13日 CSEM訪問他

朝からローザンヌを出発し、ヌーシャテル州にあるCSEMを訪れました。ここはマイクロテクノロジー分野での革新技術を推進するための、半官半民の技術研究機関です。州政府の取り計らいもあり、企業同士のマッチングやネットワーキングをする目的での訪問となりました。非常に内容の濃いプレゼンテーションが続く1日となりました。Precision Clusterの紹介、CDEP-SO(スイス西部域経済会議)の紹介、ヌーシャテル州経済開発局の取り組みなどの紹介を受けました。

また、夜はヌーシャテル州経済開発局の招宴により、州迎賓館にての晩餐となりました。

CSEMでの会議の様子CSEMでの会議の様子
樹研工業の発表樹研工業の発表

この日は、総合的な紹介をする会議と、事前に興味を持っていた企業同士の2社会談もあり、盛りだくさんでした。今回、樹研工業はベンチャー企業のAsyril SAとの2社会談を行いました。直接的なビジネスの話はなかったものの、今後技術的交流の可能性を確認することができました。この会社は、この記事内でも報告したデルタロボットを駆使して、微細な部品を扱えるパーツフィーダーのメーカーです。

迎賓館にて、州経済局長と晩餐

ここでは長くなるので紹介は割愛しますが、州の歴史や文化についても多くを学ぶことができました。ヌーシャテル州の史跡なども、短い時間ですが知ることができました。まさにこの迎賓館もそんな場所の一つです。聞くところによると、以前皇太子殿下がスイスをご訪問された際、大統領に招かれて、こちらで晩餐をされたとのことです。

続く

NM

 

投稿日:
タグ :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください。

電話0532-31-2061

お問い合わせフォーム
ページの先頭へ